大阪で、ぼけ封じ・納骨・祈祷のお寺

  • 亀老山 大聖寺
  • 大阪のお寺
  • 真言宗 不動寺

2011年4月17日

日本人の宗教心

 世界の国の人々の宗教観の調査では、日本人は、無宗教だが、宗教心はあると答える人が多いそうだ。
 私は、日本人の宗教心は、自然崇拝と先祖供養によって育まれてきた、と思っている。
 自然に畏敬の念を抱き、先祖へ感謝の想いを向け、空間と時間の拡がりの中で、自己の存在価値を実感していくこと。そこで得られる安心感こそが、日本人の持つ宗教心の本質なのではないか。

 自然崇拝に基づく祭礼に参加すること、先祖供養の実践であるお葬式、年忌法要、お盆やお彼岸の供養が、心の平安を取り戻す、大切な宗教行為であると思う。

 私は、坊さんとして、自らを無宗教だとして宗教に束縛されたくない、現代の日本人の気持ちを尊重しながら、少しずつでも宗教心を育んで頂けるお手伝いが出来ればと思っている。