大阪で、ぼけ封じ・納骨・祈祷のお寺

  • 亀老山 大聖寺
  • 大阪のお寺
  • 真言宗 不動寺

2011年11月17日

健康おたく

ここ数年、健康おたくになっている。

耳鼻咽喉科、歯科、人間ドックとたて続けに受診したが、別に重大な病気はどこもなかった。年令の割には成績優秀との評価をいただき、今年も又一安心している(人間ドックは3回目)。

ふと、仙崖義凡和尚の、「老人六歌仙」を思いだした。

 皺が寄る 黒子ができる 腰曲がる 頭がはげる ひげ白くなる

 手は振るう 脚はよろつく 歯は抜ける 耳は聞こえず 目はうとくなる

 身に添うは  頭巾(ずきん)襟巻(えりまき)杖(つえ)目鏡(めがね)  湯婆(ゆたんぽ)温石(おんじゃく)溲瓶(しびん)孫の手

 聞きたがる 死にともながる 愚痴になる 出しゃばりたがる 世話やきたがる

 くどくなる 短気(きみじか)になる 淋しがる 心は曲がる 口よだれくる

 又しても 同じ咄(はなし)に 子を誉める 達者自慢に 人は嫌がる

以前、病気に気をつけている話をしていたら、同級生達に、そんな人間程、早く死ぬとさんざん言われた。

しょせん、人は、他人の達者自慢が大嫌いなのである。