大阪で、ぼけ封じ・納骨・祈祷のお寺

  • 亀老山 大聖寺
  • 大阪のお寺
  • 真言宗 不動寺

2012年1月15日

節分の意味

 皆様、新年明けましておめでとうございます。といいつつももう小正月でございます。月日の流れの速さを感じますね。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 今回の更新のテーマ、色々考えまして(いつものことですが・・・)干支について少しお話いたします。

 今年は、『辰年』ですね。さて皆さん。(浜村淳風)干支は何時変わると思われますか?正月?いえいえ、節分で変わるんですね。ですから本当は、今『卯年』なわけです。この節分のときに星供(節分祈祷会)を執り行うわけです。つまり節分とは干支の大晦日というわけです。何で正月に祈祷して、また節分で祈祷するのかと疑問に思っていた方、これでご理解いただけたかと思います。(ほんまかいな)

 

 不動寺でも毎年星供を執り行っております。たくさんの方がお参りに来られ賑やかな年中行事の一つです。お寺の行事と言えば一般の方が中々参加しにくいイメージがあるかと思いますが、この機会に一般の方も不動寺にお越しいただき星供ご参加下さい。去年あまりよくない一年だった方、今年からなにかに打ち込もうとされている方、どの様なことでも構いません。お願い事を不動寺の星供の時、お申込下さい。当日の受付もさせて頂きます。

 ただここでお願いしたからOK!というわけでは有りません。日々の積み重ねが大事です。仏様、お大師様は見ておられます。楽はさせてくれません。ただ助けてはいただけます。

 今年一年、皆様にとって良い一年でありますことを住職ならびに僧侶一同、心よりお祈り申し上げます。                                    

   合掌

 

不動寺、大聖寺合同節分大法会のご案内

 

日時  二月三日(金)第一座 午前十時

 

           第二座 午後二時

 

場所  不動寺本堂に於いて

 

   (地図はトップページにございます)

 

※第二座終了契境内に於いて餅まき

 

(雨天の場合は本堂内於いて)