大阪で、ぼけ封じ・納骨・祈祷のお寺

  • 亀老山 大聖寺
  • 大阪のお寺
  • 真言宗 不動寺

2012年10月31日

嘘も方便

嘘も方便と言う言葉がある。方便とは、サンスクリット語でウパーヤと言い、本来、目的に近づく手段の意である。その目的に近づく為には、便宜的な手段としての多少の嘘は許されるというのが、嘘も方便の意味である。

山中教授がノーベル賞を取った時に、森口なにがしと言う人物が、 訳のわからない事を言いだし、多くのマスコミが振り回されたのは記憶に新しい。森口氏の言動を一つずつ検証すれば全て嘘に結びつくらしく、困ったものである。彼の目立ちたいだけの言動に振り回されたマスコミもさる事ながら、一筋の希望の光を見い出そうとした、難病の患者さん達には気の毒な限りである。

又、日本の世界に失った信用も大なるものがある。

彼の場合は、嘘は方便でなく、呆便である。